読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆StarLine★

多肉、メダカなどの日常にっき

お気に入りの本

Book

f:id:StarLine:20170219223939j:plain

 

サンキュ!で節約を楽しむ生活に変わり、、、

もっと効率よくお金を管理出来ないものか、と、、、考えるたびこれが逆にストレスになりつつ(苦笑)

近所の本屋さん小さいけれど、小さいからこそ目につきやすい場所に、、、

 

クリアファイル家計簿

 

と言う本を発見!

あたまが節約でいっぱいになっていたので一日買うか買わないか考え購入。

見事なくらい効率よくお金を管理できる方法が綴られており一気に悩みが解決したのです( ;∀;)

お財布に小銭が残っているだけでも、まだあるから大丈夫か♪明日ちょっと質素なおかずにすればいいや♪って思ってしまう余裕の気持ちがあったからこそ実は無駄な出費をしていたんですねぇ。

まだ続けて間もないですが、お金の使い方を優先的に考える事で余計な事で悩まなくてすむのが自分には嬉しいです(*'ω'*)

 

ダイソーの300円ですが、大人のぬりえ

これもすんごい頭使いますw使わなくていいとは思うんですけど_(:3」∠)_

見るだけじゃなくて実際に使ってみる事で色彩感覚を養おうと地道に努力中。

 

鮫島純子さんの”なにがあってもありがとう”

読み終えてすぐ友人に送ったので写真にはありませんが、水谷修先生の”優しさと勇気の育て方”を読んで

 

余裕のない生活の中で

知らず知らずのうちに感謝の気持ち、特別な事をしなくても少しの気遣いが出来なくなってるなぁ、、と気づかされました。

 

 

鮫島さんの本には

嫌な事は「ありがたい砥石」

感謝の気持ちに切り替える事で自分を救い幸せをよぶコツ。

 

夜回り先生の水谷先生の本には

いい大人、いい出会い、いい本との出会い、、などといった栄養分をゆっくりゆっくり与える。生徒達自らが可能性を伸ばし、花を咲かせるよう手伝うのが教育です。

 

自分は人に対してはあまり好き嫌いは激しくはないのですが、一度 心を許せる相手に出会うといくらでも蝕んでくる人が苦手と言うか大嫌いで仕方なく。

落ち込んだりすると何処からか同じような人が出て来るんです、、、

鮫島さんの、ありがたい砥石、と考えるようにすると

自分の弱みが見えて来て、あの人が率先して大袈裟に自分の弱みを表現してくれているからあんな風にならないように気を付けよう。と思うようになりました☆

一度、ピリピリやモヤモヤしてた気持ちが冷静になると他人の気持ちを蝕む人に対して上手くかわせるようになります。

 

水谷先生の本は何度も涙しました。

私自身も学生時代に死にたい、、と思った経験があり

親にも相談しましたが妹の育児もあり仕事でも余裕がなかったのか真面目に取り合ってもらえず、ショックなひと言も未だに覚えています。

自分の目を見て親身になってはなしを聞いてくれる人がいたら、、それだけでも気持ちが軽くなります。また沈んでもこの人がいてくれるから大丈夫って思えるだけで全然景色が違います(;_;)

が、、先ほどの内容に出した、人の優しさに漬け込んで相手の気持ち蝕む事で一時的に満足する厄介な人も少なくないので距離感が大切だったり、、、

 

本を読むと本当いい勉強になります。